「本を出す」ことは、「ヘタな広告を打つ」よりも数倍、数十倍も良い費用対効果を生み出します。
「この商品、本で取り上げられました!」と堂々と言える。
「あの人、本を出している人なんだ!」と思ってもらえる。
 パンフレット作るなら、同じ制作費で本を作る方がイイ!

タダのパンフレットは、渡しても、すぐ捨てられてしまうのが関の山。一方、値段のついた「本」は有難く受け取ってもらえるため、ノベルティとしても活用でき、さらには売上に乗じたリクープ(還付金)もあるので、「お金をかけて作って終わり」の広告に較べて”いいことづくめ”です。
 
私たちは、「コマーシャル・パブリシング(企業向け)」と「自費出版(個人向け)」に特化したプロダクションです。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ


 
 

◽︎ WORKS